TAMA タマ#34;ダイレクトドライブ#34;方式を採用した#34;Dyna-Sync#34; ツイン・ドラムペダル 専用ハードケース付き HPDS1TW

TAMA タマ#34;ダイレクトドライブ#34;方式を採用した#34;Dyna-Sync#34; ツイン・ドラムペダル 専用ハードケース付き HPDS1TW

17310円

TAMA タマ#34;ダイレクトドライブ#34;方式を採用した#34;Dyna-Sync#34; ツイン・ドラムペダル 専用ハードケース付き HPDS1TW

TAMA タマ#34;ダイレクトドライブ#34;方式を採用した#34;Dyna-Sync#34; ツイン・ドラムペダル 専用ハードケース付き HPDS1TW:当社のウェブサイトは唯一の公式オンラインポータルです。 従来のフットペダルと比べ、踏み心地が軽い(スムーズな)印象。カム半径の調整機能により、ダイレクトドライブのデメリットを上手く抑えられていると思います。多くのパーツが調整可能なので、良く言えば様々な人や演奏スタイル、曲に合わせられますが、悪く言えば万能な妥協点が見い出せなかった中途半端な商品。従来のフットペダルに感じた、踏み始めの「重さ」や「ため」が減っているので、違和感を感じる人も多いかと。そして、踏み込んだ足への反発力もダイレクトに返ってくる影響か、打面にビーターを押し付けるのがやや不得意。さらに悪く言うと、上手くできないプレイ(微妙なズレ、勢いまかせ、あいまい、チカラ加減の差)もダイレクトに音に反映…演奏方法をペダルに合わせる場合もあります。プレーンなフットプレートは、見た目(重要)と足裏への感触は良いのですが、溝がない影響か、靴によってはテニスやバスケットボールのようなキュッキュと摩擦音がでます。周囲の湿度が変化すると、摩擦の増減でスライド奏法がしにくくなったり、雨の日の鉄板や大理石のようにツルンと滑るため、靴選びがより重要に。総じてフットペダルとしては大きな不満もないため、今後の改良に期待を込めて★4つ。追記ご自慢の調整機能はメモリ間隔が1mm以下と非常に細かく…例えばネジを締める時のブレで感触が変わります。悩んだ末、結局は初期設定(出荷時)の位置に戻す人が多いのかも知れません。自身に合わないセッティングでは驚くほどに下手になってしまう(ビーターをヘッドに押し付けられない、連打ができない、音のタイミングがずれる)ので、調整のコツをつかめるまでは、セッティングや環境が違うたびに苦労します。ピンポイントのセッティングを見つけるまで試行錯誤するのが好きな人向けでしょうか…【受注生産品】,卸売り,【完売】TAMA タマ#34;ダイレクトドライブ#34;方式を採用した#34;Dyna-Sync#34; ツイン・ドラムペダル 専用ハードケース付き HPDS1TW